インプラントの成否は適切な咬み合せの再現にあります。そのため精密に歯型を採取し、最良の人工歯をつくる必要があります。 | 高知 インプラント治療案内

インプラント治療シミュレーション

インプラントの目的は患者様の健康!専門家だから歯型採取にこだわります

インプラント精密印象

食べる・話すをより軽やかに! より良い上部構造のために

オッセオインテグレーション(インプラントと骨の結合)が確認できたら、上部構造をつくるための精密印象(歯型採取)をします。。 インプラントと自然歯の最大の違いは歯を支える仕組みにあります。
自然歯は歯根膜を介して歯槽骨(顎の骨)と繋がっており、歯根膜がクッションの役割をしています。インプラントは顎の骨との直接結合によって支持されているためクッションがありません。
そのため精密に歯型を採取し、より精巧な上部構造をつくる技術が必要になります。

精密印象の手順

インプラント埋入手術に1回法と2回法があることはシミュレーションの一次オペでご案内しました。
埋入手術と同様に歯型採取にも様々な方法があり、通常は患者様の状態に適した方法を採用します。
シミュレーションでは最も一般的な、それでいて精密な印象方法を簡単にご説明します。

ヒーリングキャップの取り外し
ヒーリングキャップの取り外し

ヒーリングキャップはインプラント体頭部の保護の為や食片圧入の防止、歯肉の形成の目的で使用する。一時的なもの。

1回めの印象採得(概形印象)
1回めの印象採得(概形印象)

1回目の歯型採取(印象採得)は概形印象です。
概形印象は精密印象用の個人トレーを製作するためにおこないます。

2回めの印象採得(精密印象)

2回め精密印象は個人トレーを使っておこないます。
採取した歯型には、インプラント埋入方向や位置、インプラント体周囲の歯肉の形状などが詳細に取り込まれます。

咬み合せの採取(咬合採得)

咬合は口腔機能の回復だけでなく、全身の健康にも影響する重要な要素です。
当院の院長は日本顎咬合学会の指導医の資格を有しており、インプラント治療を通して難易度が高いとされる全額咬合再構成を何症例も手がけておりますので、咬み合せの採取には自信を持っております。

  • トップページへ戻る
  • このページのトップへ戻る

インプラント治療シミュレーション

インプラント治療ガイド
インプラント治療シミュレーション
院長の研究活動業績集
院長のインプラント探求記
安光歯科関連サイト

安光歯科ブログ

あしすと健康アドバイス

当院が皆様に送る歯科健康情報

以下の各リンクは当院公式サイトの
該当ページを別ウィンドウで開きます

安光歯科 携帯サイト
高知 いの町の歯医者さん「安光歯科」携帯サイト

ご利用できない方はココをクリック!

更新情報
2017/06/08 安光歯科ブログ
いの南中学校 歯科検診
2017/06/04 安光歯科ブログ
6月4~10日は 歯の衛生週間
2017/05/31 安光歯科ブログ
平成29年度 第1回学術部会
2017/04/06 安光歯科ブログ
講師(非常勤)辞令交付式
2017/02/19 安光歯科ブログ
京都インプラント研究所 設立35周年記念学術大会
2017/02/18 安光歯科ブログ
京都インプラント研究所 設立35周年記念祝賀会
2016/11/24 安光歯科ブログ
平成28年 第2回学術部会
2016/10/23 安光歯科ブログ
第23回 日本歯科医学会総会
2016/10/02 安光歯科ブログ
第47回 PFA 国際歯学日本部会年次大会
2016/09/18 安光歯科ブログ
第46回 日本口腔インプラント学会
歯科衛生士募集中!!
歯科衛生士募集中!
2012.12.1 ほっとこうち別冊 /
LUNCH PASSPORT Vol.5 発売
当院のタウン誌「ほっとこうち」応援広告
当院のタウン誌「ほっとこうち」応援広告